ハナユメは、ブライダルサイトの一つで、その特徴的な名前は「花(ハナ)嫁の夢(ユメ)を叶える」という意味なのだそうです。
人生の一大イベントである結婚式なので、夢のような晴れ舞台にしたいですよね。そんな思いを叶えてくれるサイトが、ハナユメです。ちなみにハナユメは、「すぐ婚navi」というウェディングサイトが、2016年11月にリニューアルして作られたものです。

■ハナユメの特徴

ハナユメには様々な特徴がありますが、そのひとつが、「取り扱い式場数が多い」ということです。
式場数が多いということは、選択肢の幅が広がるということです。「どの式場にしようか」と悩む時間は、カップルにとって幸せな時間ですので、この楽しみが増えるのは嬉しいところです。
また、ゲストの住んでいる場所や利用しやすい交通機関などによって、利用しやすい交通手段も変わってきます。式場が増えることで、それらの交通機関に合わせて選択肢の幅が広がります。
さらに、式場数が多いことによって日程選択の幅も増えます。
様々な理由で、取り扱い式場数が多いというのはメリットになるのです。

ちなみに、ハナユメが日本で取り扱っている会場の数が約600回以上と、ゼクシィに比べると少し少なくなりますが、それでもかなりの数です。ただし注意が必要なのは、取扱いの式場が都市部に集中しているため、北海道や沖縄には弱いというデメリットがあります。
とはいえ、多くの方が挙式する関東や関西、東海、九州などのエリアであれば、絞るのが大変なほどの結婚式場と提携しています。

また、相談デスクの店舗数も全国に34店舗と、比較的多いので、気軽に相談に行くことができます。
「Webサイトだけで決めるのではなく、担当者と直接会って話したい」という思いは誰にでもあると思いますが、ハナユメであれば、ほとんどの地域で近隣に相談デスクがあります。
ただし、やはり提携式場と同じように、相談デスクも都市部に集中しているため、地方の方は相談しにくいかもしれません。

■相談デスクの顧客満足度オリコン1位

ハナユメの相談デスクは、2017年と2018年の2年連続でオリコン顧客満足度調査「結婚式場相談カウンター」部門で一位を獲得しています。しかも2位と僅差の1位というわけではなく、「全項目1位」を獲得してのダントツの一位です。
オリコンが評価する項目は、「利用のしやすさ」「担当者のサポート力」「店舗の清潔さ」など、さまざまなものがありますが、これらすべての項目で1位というのは、安心して利用できる相談デスクといえるのではないでしょうか。

ちなみに、男女別のランキング、地域別のランキング、年代別のランキングにおいても、全てハナユメが1位を獲得しています。
「そんなに圧倒的な差で1位になるということは、ハナユメとオリコンは癒着があるんじゃないの?」と勘ぐる方もいるかもしれません。確かに、インターネット上のランキングの中には信憑性の低いものもあります。
しかし、このオリコンの調査は約1600名の方を対象に、23社の結婚式場相談カウンターて行われたものなので、信憑性があるデータです。
お住いの場所から利用しやすい場所にハナユメの相談デスクがあるなら、ぜひ足を運んでみると良いでしょう。

■割引プランの充実

ハナユメはその他のブライダルサイトにはないものも含めて、充実した割引プランがあります。結婚式はどうしても高額な費用が発生しますので少しでもこういった割引プランを使って費用を抑えたいところですよね。きっとハナユメの代表的な割引プランをご紹介しますので、参考にしてみてください。

ー商品券

ハナユメのキャンペーンの目玉といえるのが、商品券です。割引プランというよりは、プラスでお金がもらえるというタイプになりますが、差し引きで考えれば、割引プランの延長と捉えてよいでしょう。
もらえる商品券は、「選べる電子マネーギフト券」というもので、その金額は最大5万円です。これは、Amazonギフト券かnanacoかWAONポイントと交換できるギフト券なので、使い勝手はとても良いです。
ネットショッピングが多い方はAmazonギフト券、コンビニでの買い物が多い方nanacoやWAONポイントに交換すると良いでしょう。
特に、結婚したばかりの頃は何かとお金がかかる時期ですので、こういった商品券を使って節約することで、家計が随分と楽になるはずです。
ちなみに、この商品券をもらうためには、キャンペーンに応募して、候補となる結婚式場のブライダルフェアを予約したり、見学会に参加したりする必要があります。たくさんの会場を回ると、もらえる商品券の金額が増えていきます。

ーハナユメ割

日程の融通が利かないものの、都合さえ合えば最大で100万円以上割引になる「ハナユメ割」というものがあります。これは、その名前の通りハナユメが独自に設定している割引で、半年以内で予約が空いている日があった場合、ハナユメ独自の割引制度が使えるというものです。
飛行機の予約などで考えると「早く予約した方がお得になるんじゃないの?」と思うかもしれませんが、実は結婚式の場合、事情が少し違います。飛行機の場合は急遽移動が必要になれば、すぐに荷物を持って出発することができますが、結婚式はそうもいきません。どうしても半年から1年程度の準備期間が必要になってしまいます。
半年というのは、結婚式を挙げるために必要な準備期間の最低ラインといえるでしょう。つまり、この最低ラインを過ぎてしまった半年以内の空き予約日というのは、そのまま放置しているとなかなか埋まることがなく、会場側も「このまま空きになるくらいであれば、大幅に割引してでもスケジュールが埋まってくれた方がいい」と考えるのです。ホテルの直前割引も似たような仕組みですよね。
このハナユメ割はハナユメを経由してブライダルフェアや式場の見学をしていることが条件になります。半年以内で空いている日となると選択肢の幅は狭まってしまいますが、100万円近くも安くなるのであればぜひ視野に入れておきたいところです。

ー定額ウエディング

その名前の通り、定額で結婚式を挙げることができるプランです。ゲストが35人以下という条件がつきますが、「小規模で少予算でも、しっかりとした結婚式を挙げたい」という方におすすめです。定額だからといって、簡易的な結婚式になってしまうのかというとそうではなく、結婚式として必要なものは充分その内容に含まれています。また、この定額ウェディングは小規模であるため、事前準備も手間も少なく、事前打ち合わせが一回から2回でも大丈夫です。さらに料金が後払いでもOKというメリットもあります。友達や会社の同僚などを読んでしまうと、どうしても35には超えてしまうと思いますが、親族だけを集めて小規模に式を挙げるのであれば充分な内容ではないでしょうか。

■メリット・デメリット

以上を踏まえたハナユメのメリットは下記の通りです。
・豊富な取扱い会場の中から好みの会場を探せるので、選択肢の幅が広い
・相談デスクの満足度が高いので、安心して相談に行ける
・見学会やブライダルフェアに参加することで、最大5万円の商品券がもらえる
・半年以内に予約をすれば圧倒的に安くなる「ハナユメ割」が使える
・定額プランを使えば小規模・少予算で結婚式も挙げられる

ハナユメのデメリットは下記の通りです。
・提携している式場や相談デスクが都市部に集中しているため、地方のか方にとっては使いにくい
・半年以上先の日程を予約する場合、ハナユメ割が使えない
・会社内でハナユメ割のノルマがあるのか、半年以内の挙式をおすすめされる
・サイト開設からの歴史が浅い

■まとめ

ウェディングサイトには一長一短がありますが、ハナユメの最大の特徴といえるのは、やはり「ハナユメ割り」でしょう。
「半年以内に式を挙げたい」「希望している式場の空いている日が半年以内」といった場合は、迷わずハナユメを選ぶべきです。
逆にそうではない場合は、その他のブライダルサイトにも様々な特典がありますので、様々な要素で客観的に比較して、検討してみてください。

ハナユメのお勧めサイト